高精度/高解像度    HANDYSCAN700 による非接触3次元測定!

製品測定・面データ作成は創造社へお任せ下さい!


【非接触3次元測定器-レーザータイプの特長】
  ・HANDYSCAN700は点群データを取得することができます。
  ・小さいものから大きなものまで、精度よく測定が可能です。
  ・VXelements (専用ソフト)により、点群処理が可能です。
HANDYSCAN700仕様(メーカー発表値)
1スキャン範囲
275㎜×250㎜
解像度
0.050㎜
精度
最大0.030㎜
パーツサイズ範囲(推奨)
0.1~4m
スキャン速度
480,000測定値/秒
【製品の再現に!】
  ・製品データや相手物作成の為の基データがほしい!
   →測定により製品データを取得!
    材質変更や実物からの追加変更にも対応することが可能!
【変更部や手加工部の反映に!】
  ・金型で手加工した部分を反映したい!
    ⇒手加工した部分を反映することにより、予備品対策に!
 【実物の検査・比較に!】
  ・CADデータと製品を比較したい!
    ⇒誤差資料を作成することにより、修正対応部分が明らかに!
  ・3D形状部全体を検査測定したい!
    ⇒接触タイプでは測定が困難なものも、検査測定が可能!
  ・測定基準を測定後に決め(または変更)したい!
    ⇒検査測定により、今後の対策を素早く!
 【3Ⅾプリンター・リバースエンジニアリングに!】
  ・製品を測定し3Ⅾプリンターで出力したい!
    ⇒製品データ取得後、ポリゴン(点群データ)処理や面データ作成をすることで、3Ⅾプリンターでの出力が可能!
  ・リバースエンジニアリング
    ⇒製品のデータ解析が可能!
PAGE TOP