HandySCAN 700 精度確認

160826_2

160826_1

長さ 570.00mm で加工したものを HandySCAN 700 非接触測定してみました。
これ以上長いものは、弊社で加工出来ないという理由もあり 570mm で精度確認を行います。
結果は、570.02~570.04 と、納得できるラインだと思います。

中央のブロックも確認しました。
表裏全周測定した部分の精度も 60.03 となっています。

条件によって、誤差が大きく出る可能性もありますが、
±0.1程度には入ってくると予想されます。

3Dプリンターで製作

160809

このデジタル部のカバーは、3Dプリンターにて製作したものです。

3Dプリンターも使いようによっては、威力を発揮します。
表面はツルッツルにはなりませんが、機能や強度は十分です。
はめ込み用の爪(アンダー形状)や、横穴、締め付け用ボス、等々、
これが一度に製作ができますし、色も材料色を変えればOKです。
(弊社で3Dプリンター購入し、いろいろと試しております。
 材料もABSやPLA、そして透明な材料の対応も可能で、
 これが、いろんな意味で面白いですよ!)

切削加工だけに拘らず、3Dプリンターという選択肢もありだと思います。