DJI AGRAS MG-1P RTK

AGRAS MG-1P RTK 特徴

高精度な自動航行を実現

Phantom4 RTKで圃場を上空より撮影し、画像からリアルタイムに非常に正確な圃場地図を合成。地図から散布エリア( ルート)を設定することで、自動航行による農薬散布も可能となります。

 

1 台のプロポで複数台を同時制御

MG-1P RTK では、1台のプロポで最大 5台の機体制御が可能。作業効率が格段に上がり農作業の省力化を実現します。動作距離は最大で 3 km。より大規模な圃場で活用いただけます。

FPV*¹カメラ搭載

視野角123°の広角レンズを使用したFPVカメラによって、飛行中の障害物をリアルタイムで確認。飛行地点の状況が把握できることでA/Bポイント、ウェイポイントの設定が容易に。ポイント測量の労力を大幅に軽減します。*¹ First Person View(1人称視点):リアルタイムでカメラからの映像をモニターに映します。

干渉を抑え、正確な位置情報を把握

高精度ナビゲーションと強い磁気耐性を持ったデュアルアンテナを搭載することで、RTK(Real Time Kinematic)方式を用いた精密な位置補正を実現。高圧電線などの干渉を抑え、複雑な作業環境にも適応します。


 

衝突回避レーダーで事故を防ぐ

衝突回避レーダーで事故を防ぐ機体側面に取付けられた衝突回避レーダーにより、最大で 30 m 先の障害物を検知し、障害物に接近すると機体は自動的に停止します*²。電柱や電線などの障害物を認識し、未然に事故を防ぐ安心機能です。 *²対象物や環境によっては、十分に障害物を認識できず、機体が停止しない場合があります。

最大10 Lの大容量タンク

タンクには、一度の作業で約1haの範囲に散布できる 10 Lの液体が搭載可能。液体注入口が大きくタンクの横についているので、液体の注入、取り外しや洗浄も簡単です。タンクの付け替えによって粒剤散布装置を使用することもできます。

完全自社開発のフライトコントローラー

DJI の高性能A 3フライトコントローラーが実現するのは、揺るぎない信頼性。外部の振動でタンク内の液体が揺れ動いた場合や、回転翼やモーターの一部に不具合が生じた場合でも、安定して飛行します。

レーダーを活用した高度維持機能

まるで地上に測量士がいるかのように、機体に搭載された高精度のレーダーが正確に地形を認識。機体の高度を精緻に維持します。作物からの距離を一定に保てることで、農地の起伏にかかわらず薬剤を均一に散布します。

シンプルで使いやすい送信機

送信機には、強い日光の下でも見やすい 5.5 インチの高輝度ディスプレイを採用。最大5時間の稼働を実現し、さらに交換式バッテリーにより長時間の連続使用が可能に。必要最小限のボタンやスイッチのみのシンプルな設計で、誤操作の心配もありません。

交換が簡単な専用バッテリー

バッテリー残量や寿命が一目で確認できる専用バッテリーは、充電時間わずか40分で最大22分間*³のホバリングが可能。安定した電圧供給により劣化を低減し長寿命化。カバーが装着できることで、耐久性も向上させました。 *³無積載の場合。風速3m/s未満の海抜≒0mで測定。

AGRAS MG-1P RTKに関するお問合せはこちら

【一般社団法人農林水産航空協会指定教習・整備施設】

エアステージ石川

TEL:0761-71-0237

Mail:mg-1support5@rc-airstage.com

PAGE TOP