産業用DRONE DJI AGRAS MG-1

AGRAS MG-1 主な特徴

信頼のA3フライトコントローラー

DJIの高性能A3フライトコントローラーが実現するのは、揺るぎない信頼性。外部の振動でタンク内の液体が揺れ動いた場合でも安定して飛行します。冗長性を確保し安全性を強化。1つのセンサーに不具合が生じても、他センサーがフライトを維持します。

レーダーを活用した高度維持機能

機体に搭載した高精度の3つのミリ波レーダーが噴霧タンク前後の傾斜部と下部に配置されています。これらのレーダーが地形を認識することにより、機体は高度を確認することができます。3つのレーダーを搭載することで正確な高度情報を取得し、農地の起伏にかかわらず液体を均一散布します。(M+モード時)

使いやすい送信機

送信機には強い日光の下でも見やすい5.5インチの高輝度ディスプレイを採用。さらに最大5時間の稼働時間を実現し、屋外での長時間の作業も安心しておこなえます。

交換が簡単 専用バッテリー

1つのバッテリーで最大約22分間(無搭載 風速3m/s未満の海抜≒0mで測定)のホバリングが可能です。充電時間はわずか約40分。安定した電圧供給により劣化を低減することでバッテリー寿命が延びます。またカバー装着により耐久性も向上。バッテリー残量や寿命も一目で確認できます。

折りたたみ式ドローン

フレームアームを折りたためば、半分ほどの小さなサイズに。軽トラックに2機を積めます。しかもセットアップは工具なしで誰でも簡単におこなえます。高強度カーボンファイバー製の機体は耐久性に優れながら驚くほど軽量。1人で軽々と持ち運びができ、場所を選ばず楽に収納することができます。

 

タンク交換で粒剤散布が可能!

液体散布装置を粒剤散布装置に交換することで、粒剤散布が可能。タンク交換は約30分程度で交換が可能(弊社実験結果より)。今後販売予定です。

万が一にも安心フェールセーフ機能

もしも操作電波が途切れても、その場で自動着陸するフェールセーフ機能を搭載。さらにバッテリー残量が低下した際は警告を発するなど、万が一を最小限にとどめるための安心機能を多数装備しています。

 

最大10Lの大容量タンク  

MG-1は機体サイズはコンパクトでもタンクは大容量。一度の作業で約1haの範囲に散布できる10Lの液体をタンク内に搭載できます。さらに液体注入口が大きく、タンクの横に付いているので、液体の注入、取り外しや洗浄も簡単です。

MG-1の魅力

M+(エムプラス)モード

農薬散布における自動飛行が承認されていない現在においても、MG-1には素晴らしい特長があります。その一つがM+(エムプラス)モードです。
機首方向を固定し、設定した高度・散布幅にて散布することが出来ます。
操作方法は次のとおりです。
①M(マニュアル)モードにて、散布開始位置まで移動し、機首方向(機体の向き)を調整。
②M+(エムプラス)モードに切り替え、機体を前進(または後進)させると自動で散布が開始される。
※M+モードでは前後下方に取り付けてある3つのレーダーモジュールにより、作物先端を測定し、設定した高度(作物からの距離)を維持しながら散布することが出来ます。
※散布幅は背面のスイッチを押すことで設定した散布幅に移動してくれます。(横移動・ホバリング中は自動で噴霧を停止)
※M+モードで機首を固定することにより、ラダー操作が受け付けられなくなります。
③散布が終了したら、Mモードに切り替え、機体を着陸。
以上のように、M+モードはドローン初心者にも操作がしやすく、正確な散布を可能にしてくれます!
MG-1 関連動画
※デモでは農薬の代わりに水を散布しています。
※実際の散布ではナビゲーターの配置、マスク・保護メガネ等着用する必要があります。
スクール・イベント・説明会情報

 

AGRAS MG-1に関するお問合せはこちら

【一般社団法人農林水産航空協会指定教習・整備施設】

エアステージ石川

TEL:0761-71-0237

Mail:mg-1support5@rc-airstage.com

PAGE TOP