Rhino+コマンド-sellt

Rhino+ コマンド sellt の線種で選択ですが、
Rhino6になり、デフォルトコマンド SelLineType が追加され、
同じような事が行えるようになりました。

sellt は、曲線だけを表示させ、囲み選択し、
同じ線種だけを選択する、という手法です。

デフォルトコマンド SelLineType は、線種一覧からも選択できますね。

使いやすい方を使用して頂ければ、と思います。

Rhino6 ドラックで面延長

Rhino6 では、面延長時、ドラッグで延長量を決定できます。

コマンド ExtendSrf で延長したい端末をヒットすると、
”曲線上” というガイドラインを利用します。
カーソルにあわせ、リアルタイムでプレビューされます。

延ばすだけでなく、縮める事も出来ます!

感覚でモデリングする際にも重宝しますね!!

Rhino6 奥にある部分をスナップヒット出来ない!?


Rhino6
デフォルトでは、シェーディング状態の時に、
手前にあるアイテムしかスナップヒット出来ない設定になっています。

解除は、オプションの中の
モデリング補助機能 - オクルードされたオブジェクトにスナップ
に、チェックを入れればOKです。

Rhinoceros4 のデフォルト設定といろいろと違うから混乱しますね。

Rhino6 SR4 – 3Dマウスが動かない

Rhino6 SR4 (サービスリリース)に更新した時に、
古い 3D connexion 製品が反応しなくなりました。
(SpacePilot)

SR4 用プラグインが新しくなり、その影響でした。
C:\Program Files\Rhino 6\Plug-ins\3dxrhino.rhp

SR3 の時のプラグイン(3dxrhino.rhp)に戻せば大丈夫でした!
ただ、自動更新されていると上書きされるので戻す方法がないと思います。
どう対応してくるのだろうか・・・。
最新の3Dconnexion製品を購入すれば解決するんだろうけどね、多分・・・。

Rhinoceros6 SR1 MAKE2D

Rhino 6 SR1 になった為か、コマンド MAKE2D が少し向上した???
全部が 隠れ線 になってますね。

続けてもう一度!すると、
全部が 実線 ですね・・・。

・・・。
2018/7月 現在、SR6 ですが、しっかり対策されてきております!!
これで Rhino+ のコマンド( MK2D , MK2D3 )も使い勝手が良くなります!!

Rhinoceros 6 フリーズ

不具合なのか分かりませんが、Rhino6だけでなく、PCがフリーズしてしまいます。
( WIP の時からでした)
スタートボタンやマウスも全く反応しなくなります。
PC自体の強制シャットダウン(電源長押し)しか方法がないようなフリーズです。

3Dマウス( SpacePilot 使用)や、通常のマウスで表示拡大(Ctrl+右マウス)を
行った時にフリーズします。ただ、縮小の時は大丈夫そうです。
拡大も相当大きく拡大しようとした時が多い感じでしたが、
単純な拡大でも発生しております。

拡大の時ということで、3Dconnexionマウス (SpacePilot) が原因かと思い、
機能停止させ、マウスだけで操作している時にもフリーズします。
グラフィックカードとの相性なのか?

Rhinoceros Forums の ”Rhino 6 freezes” でもありましたが、
これは解決してない???

Rhino6のMake2D

Rhinoceros6
Make2D が向上した、とのことですが・・・。

・隠れ線レイヤが破線になりました
→ なりません・・・。やり方が悪いのか???
(全部が破線になったり、全部が実線になったり・・・???)

これだと、スクリプト(プラグイン)にて作成しないといけない感じがありますね。
( HiddenLineDrawing 等があります)

後は、交線の出力選択があれば良かったなぁ~と思います。

Rhinoceros5.0のコマンド-BlendCrv

140529_1

5.0になり、いろいろとコマンドに変更がありますね。
・新規コマンド
・複数の旧コマンドが統合された
・コマンド自体に変更はないが、オプション内容が増えた
等々。

旧コマンドの ”ブレンド” は、”ブレンド-曲線ブレンド(クイック)” のようですね。
5.0では、3つにわかれましたね。(その内、2つは新規)
使いやすそうなのは上図の ”ブレンド-曲線ブレンド(調整)” でしょうか。

他にもありそうなので、気が付いたらUPしたいと思います。

。。。それにしても半年ぶりのUPでしたね。

Rhinoceros 新規作成とテンプレートファイル

131226

 Rhinoceros を新規で開いた時に
テンプレートファイルを選択する場面が出てきます。
この時に、いろいろとチェックを入れたりしますと、
次回から開かなくなります。
もし、デフォルト設定に戻したい場合は、オプションの中にあります。
(空白にすると、スタート時にウインドウが出てきます)
見てみてください。

Rhino+ が紹介されていました!!

130124_1

(全く気が付いておりませんでしたが、)
Rhino+ が、Rhinoceros のサイトの
関連リンクのページで紹介されておりましたね。
http://www.rhino3d.co.jp/rhinolink/index.html (現在リンク先変更)
紹介されているとは知らずに見ていて気が付くと
おっ!おぉぉ~、と言った感じで、うれしいもんですね。
ありがとうございます。

Rhinoceros 5.0 プロパティ

121220_1

Rhinoceros 5.0 正式リリースされましたね。
実は、まだ購入出来ておりませんが・・・。
評価版と若干違うかも?まぁ、同じでしょう!!
と、いうことで、便利だと思う機能です。

プロパティのウインドウで、
いろいろとタブを増やすことが出来るようになりました。
中でも使い易いかな、と思ったのが、
座標系(名前のついた作業平面)とビューです。
名前をつけておけば、その一覧が見れて、
しかもダブルクリックするだけで、
すぐセット出来るようになりました。

見ながら、選べるというのは、使い易いですよ。

Rhinoceros コマンド -トリム解除-

121023_1

 トリム解除のコマンドで、いつも ” untrim “コマンドを使用しておりました。
これだとトリム境界群が分かれていた場合、2回以上のヒットが必要でした。
今日、気がついたのですが、”RemoveEdge”コマンドというものがありました。
これだと、全囲みは必要ですが、囲んで一気にトリム解除が可能です。
何といっても、複数面の一括囲みが可能ですので、
これで複数面の一括トリム解除が行えちゃうんですよ。

実は、Rhino+ で、複数面を囲んで一括トリム解除コマンドを考えていたのですが、
その必要ありませんでしたね。
本当、すばらしい発見!!!と自己満足でした。
(注!! たまに、落ちます・・・)

Rhinoceros5.0 表示に関して

121017_1 121017_2

Rhinoceros5.0 beta版ですが、
いろいろと面白い機能が追加されていたりしますね。

その中でも頻繁に使いそうなものでは、表示ですよ!!
中でもレンダリングの確認が簡単になりました。
(微妙な色の違いや影の有無はあります。
 また4.0でも出来る内容もあったりします)
レンダリングの設定を変えながら、形状を変えながら、と、
即座に確認が出来ます。
ありがたや~~。

後は、ペンビューポート、アーティスティックビューポート、があります。
これはこれで使い道がありそうですね。