Rhino+ ホームページをリニューアル!!

Rhino+ の ホームページがリニューアルされました。
” Rhino+ ” の雰囲気が十二分に出ていると思います。

コマンド数も、17個まで作成しています。
個人的には、使い勝手の良いスクリプトはもちろんですが、
中には面白いスクリプトもあったりしていると思います。

皆様の印象、感想は、どうでしょうか・・・。

110125_1

CATIAの表示フィルター(レイヤー)

110119_1

CATIA で、アイテムの表示、非表示の他に、
表示フィルターというものがあります。
( ツール ⇒ 表示フィルター )

名前が表示フィルターとなっていますが、
レイヤーの表示管理にも近い感じです。

例えば、レイヤー 1 と 5 だけ表示したい!!等があった場合に
威力を発揮するのかな、と思いますが・・・。
ただ、最初に設定をしてやらないといけないのが、ちょっと面倒・・・。

後、支給してもらったCATIA生データをそのまま作業していて、
レイヤーを割り当てたら、アイテムが消えた!?ということが
今まであったりしませんでしたか?
それは、前の使用者が表示フィルターの設定をしている場合があります。
ちょっと開いて、”すべて表示” でOKすると全レイヤーを表示してくれます。

V4の名残だと思いますが、個人的には、やはり形状セットで
表示非表示した方が分り易いようにも思います。