アセンブリの穴

080211_1
アセンブリの穴 について。
 アセンブリで穴作成が可能であるが、
単純穴以外の場合は、一方通行での指示しか受け付けないようだ。
 穴基準のプレートが、中央部分のプレートだとすると、
一番上の紫色のプレートに、ザグリや皿穴などの指示が無理となる。
 型などを考える場合は、中央部に形状があるので、
その部分が穴基準になるケースが一般的なような気がします。
中央部の穴から指示出来ないとなると、このアセンブリの穴のやり方、考え方が違う、かな、と思う。
(やり方が間違っている!?かもですが・・・。)
 結局、型設計などでは、
・パートで全モデリング(BODYで部品分けしておく)
・各部品をパート化
・その各部品パートをアセンブリ
・図面作成
という流れが、確実なような気がする。
 そうでないと、リンク関係がすっきりしないし、間違えの元になるかと。
実際は、どうなのだろうか。。。